スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ディバージェンス~運命の交差点




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

今回は2006年5月に観た香港映画ディバージェンス~運命の交差点」のレビューです。

映画ディバージェンス~運命の交差点」はアーロン・クォックイーキン・チェンダニエル・ウーら香港スターが競演したアクション映画です。異なる世界で生きる3人の男たちが、ある女性を軸に交錯していく姿を描いていきます。

刑事のシュン(アーロン・クォック)は、実業家イウのマネーロンダリングに関わった証人を護送中、殺し屋コーク(ダニエル・ウー)に証人を射殺されてしまいます。立件が不可能になったシュンは、イウを問いつめますが、イウの弁護士トウ(イーキン・チェン)にたしなめられます。

シュンは、10年前に恋人のフォンが失踪し、まだその痛手から立ち直っていません。さらにトウの妻エイミーがフォンとそっくりなのを知り、動揺します。

そんな矢先、イウの息子が行方不明になります。シュンは事件の手がかりを求めているうち、殺し屋コークと出会います。やがてシュン、コーク、トウの3人の男たちの運命が交差していきます。

香港映画としては破格の4000万香港ドルの制作費を費やした本作は、アジア全域だけでなく、アメリカ、ヨーロッパでも公開されて話題を呼びました。台湾のアカデミー賞と言われる金馬奨では主演男優賞、脚本賞、編集賞の3部門で最優秀賞を受賞しています。主演男優賞はシュンを熱演したアーロン・クォックです。

迫力のあるアクション映画で、ストーリーも面白かったです。

採点
87.5点(娯楽度90点、感動度85点)

作品データ
製作 2005年 香港
監督 ベニー・チャン
出演 アーロン・クォックイーキン・チェンダニエル・ウー、アンジェリカ・リー、エリック・ツァン、ニン・チン、トニー・ホー、サム・リー、ラム・シュー

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2007年10月22日 アジア映画 トラックバック:1 コメント:0

<< 陽気なギャングが地球を回す | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | 間宮兄弟 >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/154-1a29953f

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです。少し以前に観た映画も紹介していきます。目次あ行青いうた

2007年10月22日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。