スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

バブルへGO!! タイムマシンはドラム式




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

今回は2007年2月に観た日本映画バブルへGO!!タイムマシンはドラム式」のレビューです。

映画バブルへGO!!タイムマシンはドラム式」は、まさにバブルの中心にいた馬場康夫監督とホイチョイ・プロダクションズの1990年へのタイムスリップ映画です。

国の借金が800兆円に膨らみ破綻寸前の2007年、真弓(広末涼子)は元カレの借金を背負わされ、母・真理子(薬師丸ひろこ)まで突然亡くして八方塞がりでした。そんな真弓を、財務省官僚の下川路(阿部寛)が訪ねてきます。

下川路は、実は真理子は死んでおらず、諸悪の根源であるバブル崩壊を阻止すべく1990年にタイムスリップしたまま行方不明になっていると言います。

17年前に戻って真理子を探してほしいと頼まれた真弓が乗り込むタイムマシンは、なんと古びたドラム式洗濯機でした・・・。

ワンレン、ボディコン、極太眉に、お立ち台とバブル時代の風俗が登場します。懐かしくもありますが、笑える感じでもあります。

コメディだから、いろいろと辻褄の合わないところは目をつぶって場面場面を楽しめば、面白いことは面白いです。

採点
75点(娯楽度80点、感動度70点)

作品データ
製作 2006年 日本
監督 馬場康夫
出演 阿部寛広末涼子薬師丸ひろこ、吹石一恵、伊藤裕子、劇団ひとり、小木茂光、伊武雅刀、森口博子

鑑賞記録
2007年2月26日 TOHOシネマズなんばにて

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2007年10月14日 日本映画 トラックバック:1 コメント:0

<< 未来予想図~ア・イ・シ・テ・ルのサイン~ | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | 恋するトマト/クマインカナバー >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/143-9c44730f

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです。少し以前に観た映画も紹介していきます。目次あ行蒼き狼 

2007年10月14日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。