スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

恋するトマト/クマインカナバー




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

今回は2006年5月に観た日本映画恋するトマト/クマインカナバー」のレビューです。

映画「恋するトマト クマインカナバー」は、個性派俳優・大地康雄が、製作総指揮・企画・脚本・主演と1人4役をこなしたラブ・ストーリーです。フィリピンを訪れた中年男性が恋や、困難と言われる大玉トマト栽培に挑みます。

野田正男(大地康雄)は両親と3人で暮らしていますが、農家の長男ゆえに、45歳の今まで嫁をもらえません。今度こそはと思った景子(富田靖子)との縁談も破談になってしまいます。

その後フィリピンパブで働くリバティ(ルビー・モレノ)と付き合い、結婚式を挙げるためにフィリピンへ向かいますが、これも結婚詐欺でした。

失意に沈んだ正男は、数年後、フィリピンでやくざまがいの仕事に就いていました。そんな彼は、ある日、仕事で故郷の風景に似たラグーナの村を訪れます。そこには農作業に励むクリスティナ(アリス・ディクソン)の姿がありました・・・。

嫁が貰えない農家の男、そのために生まれる後継者不足。そんな深刻な農業問題をベースに置きながら、日本人男性とフィリピン人女性の、農業がとりもつ恋を描いています。

正男とクリスティナが、作物を大事に育てるように愛を育んでいく姿には、相手に対する深い慈しみと思いやりが溢れ、感動します。

大地康雄がいい味を出しています。楽しめて、感動できる秀作です。

採点
90点(娯楽度90点、感動度90点)

作品データ
製作 2005年 日本
監督 南部英夫
出演 大地康雄アリス・ディクソン富田靖子ルビー・モレノ、村田雄浩、清水紘治、藤岡弘

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2007年10月13日 日本映画 トラックバック:1 コメント:0

<< バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | ボビー >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/142-e2cf1f98

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです。少し以前に観た映画も紹介していきます。目次あ行蒼き狼 

2007年10月14日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。