スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ボビー




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

今回は2007年2月に観たアメリカ映画ボビー」のレビューです。


映画ボビー」はロバート・ケネディ暗殺の一日と、このホテルに集っていた22人の運命を描いた群像劇です。

1968年6月5日、ロサンゼルス・アンバサダーホテル。
その日もアンバサダーホテルには様々な人々が居合わせていました。如才ないホテルの支配人、不満を募らせる厨房の見習い、恋に悩む電話交換手、客の悩みに親身に耳を傾ける美容師、二人だけで結婚式を挙げる若いカップル、倦怠期の裕福な夫婦、酒浸りの歌手、選挙運動のスタッフ…。

そこへカリフォルニア州予備選挙に勝利した次期大統領候補ロバート・F・ケネディ上院議員が現れます。誰もが歓喜に酔いしれたその夜、悲劇は起きました…。

この映画「ボビー」は、全米マスコミの映画評から、早くも来年2月発表のアカデミー賞有力候補作として注目を集めています。

またこの作品は、ベテランから新鋭までハリウッド史上空前の豪華キャストも注目の的です。
アンソニー・ホプキンス、シャロン・ストーン、ヘレン・ハント、イライジャ・ウッド、マーティン・シーン、クリスチャン・スレーター、ローレンス・フィッシュバーン、往年の大歌手ハリー・ベラフォンテ、そして若手セレブ代表としてリンジー・ローハン。
そして俳優出身のエステヴェス監督自身も出演し、かつての婚約者でもあるデミ・ムーアとの共演を果しています。

総勢22人のメイン・キャストによるアンサンブル演技は、今年のヴェネチア映画祭でも大きな話題となりました。

監督自身がボビーの礼賛者ということで、ボビーの暗殺を惜しみ、ボビーの主張を、宿泊者の群像劇によって時代背景を映し出しながら、現した映画です。

でも、この映画の評価は観る人によって分かれると思います。
とにかく豪華キャストは凄いですが、豪華すぎて活かしきれない面もあります。

私個人としては、テーマ性は違いますが、「THE 有頂天ホテル」の方が面白かったです。

採点
82.5点(娯楽度85点、感動度80点)

作品データ
製作 2006年 アメリカ
監督 エミリオ・エステヴェス
出演 アンソニー・ホプキンス、デミ・ムーア、シャロン・ストーン、リンジー・ローハン、イライジャ・ウッド、ウィリアム・H・メイシー、ヘレン・ハント、クリスチャン・スレーター、ローレンス・フィッシュバーン、フレディ・ロドリゲス、ニック・キャノン、エミリオ・エステヴェス、シア・ラビオフ、ブライアン・ジェラティ、ジョシュア・ジャクソン、ジェームズ・マーズデン、マーティン・シーン、ジョイ・ブライアント、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、キップ・パルデュー、ヘザー・グラハム、ハリー・ベラフォンテ、ジェイコブ・ヴァーガス、スペンサー・ギャレット、アシュトン・カッチャー

鑑賞記録
2007年2月27日 ナビオTOHOプレックスにて

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2007年10月12日 洋画 トラックバック:1 コメント:0

<< 恋するトマト/クマインカナバー | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | ローグ アサシン >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/141-6b67c405

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです。少し以前に観た映画も紹介していきます。目次あ行蒼き狼 

2007年10月12日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。