スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

クローズド・ノート




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

今回は映画クローズド・ノート」のレビューです。

映画クローズド・ノート」は、雫井脩介の人気小説を、「世界の中心で、愛をさけぶ」の行定勲監督が映画化しました。沢尻エリカが演じる女子大生の日常が、竹内結子が演じる新任教師の日記と重なっていくラブ・ストーリーです。

小学校の先生を目指す大学生の香恵(沢尻エリカ)は、母親の再婚を機に1人暮らしを始めます。ある日、彼女はバイト先の万年筆屋にやってきたイラストレーター・石飛リュウ(伊勢谷友介)に恋をします。彼は引っ越しの日に、香恵の部屋を見上げていた男でした。

香恵はリュウへの思いを持て余し、いけないと思いつつ前の住人が置き忘れていったノートを何気なく開きます。それは小学校の新任教師である伊吹先生(竹内結子)が、教え子との日々と恋人 “隆”への思いを綴った日記でした…。

沢尻エリカが舞台挨拶で不機嫌だったことでバッシングを受け、そのことばかりが話題になっていますが、映画はよく出来ていると思います。

とくに竹内結子の伊吹先生がいいです。不登校の子供についてのエピソードには感激しました。

ただし、ストーリー的には、クライマックスにつながるノートの最後の1ページを、伊吹先生がなぜあんな風にしたのかが理解できませんでした。そのためにラストの山場がとってつけたような感じがして、少し感動が薄れたのが残念です。そこにもう少し説得力があればよかったと思います。

採点
75点(娯楽度80点、感動度70点)

作品データ
製作 2007年 日本
監督 行定勲
出演 沢尻エリカ伊勢谷友介竹内結子、永作博美、板谷由夏、田中哲司、サエコ、黄川田将也、石橋蓮司、篠井英介、中村嘉葎雄

鑑賞記録
2007年10月4日 アポロシネマ8にて

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2007年10月10日 日本映画 トラックバック:1 コメント:0

<< ぼくを葬(おく)る | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | 輝く夜明けに向かって >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/138-83d6e90e

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです。少し以前に観た映画も紹介していきます。目次あ行蒼き狼

2007年10月10日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。