スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

サッド ヴァケイション




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

今回は日本映画「サッド ヴァケイション」のレビューです。

映画「サッド ヴァケイション」は青山真治監督の11年前のデビュー作である「Helpless」の続編です。カンヌ映画祭で絶賛された「EURECAユリイカ」とも合流していて、“北九州サーガ”の集大成的作品とのことです。

中国からの密航船の手引きをしていた健次(浅野忠信)は、船内で父を亡くした少年アチュンを連れて家に逃げ帰ります。健次は5歳のときに母に捨てられ、父親も精神を病んで自殺してしまいましたが、ある事件をきっかけに、幼なじみでヤクザの安男の妹・ユリ(辻香緒里)と一緒に暮らしていました。

若戸大橋のたもとにある小さな運送会社・間宮運送。社長の間宮(中村嘉葎雄)は、かつてのバスジャック事件の被害者・梢(宮崎あおい)、借金取りに怯える後藤(オダギリジョー)など脛に傷を持つ流れ者たちの面倒を見ていました。

健次は中国人の追っ手から逃れるために運転代行に職を変えていましたが、ある日、間宮を間宮運送まで届けます。そのとき玄関先に出てきた間宮の妻・千代子(石田えり)は、過去に健次を捨てていった母でした。

健次は母への復讐心を胸に秘めながら、再び母と一緒に暮らし始めますが、母に惑わされ翻弄されます。健次は恋人の冴子(板谷由夏)に心を通わせても、イライラはつのり、ある夜、異父弟の勇介(高良健吾)に復讐心をぶつけ失踪に追いやります・・・。

私は「Helpless」も「EURECAユリイカ」も見ていなくて、それらとの関連性がわかりません。

青山真治監督といえば、昨年観た前作の「エリ・エリ・レマ・サバクタニ」が難解で面白くなかったので、この映画も恐れながら観ましたが、前作ほど難解ではありませんでした。

女性が持つ、母性としたたかさがテーマということです。

主役級の宮崎あおいオダギリジョーが脇役を務めるという贅沢な豪華キャストですが、それぞれに好演で、楽しめました。

採点
80点(娯楽度85点、感動度75点)

作品データ
製作 2007年 日本
監督 青山真治
出演 浅野忠信石田えり宮崎あおい板谷由夏中村嘉葎雄オダギリジョー、光石研、斉藤陽一郎、辻香緒里、川津祐介、とよた真帆、嶋田久作、豊原功補、高良健吾

鑑賞記録
2007年9月27日 シネマート心斎橋にて

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2007年10月01日 日本映画 トラックバック:1 コメント:0

<< 名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム) | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | デュエリスト >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/125-d431168a

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです。少し以前に観た映画も紹介していきます。目次あ行あかね空

2007年10月01日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。