スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

しゃべれども しゃべれども



映画dvdレビューです。映画が好きで主に映画館日本映画韓国映画洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。


● イントロダクション
映画「しゃべれども しゃべれども」は、佐藤多佳子の同名人気小説を、「愛を乞うひと」の平山秀幸監督が映画化した、笑いと涙のヒューマン・ドラマです。TOKIO国分太一が、仕事と恋に悩みを抱える若き噺家を好演しています。

東京・下町。うだつの上がらない二つ目の落語家、今昔亭三つ葉(国分太一)は、ひょんなことから落語教室を開くことになります。

生徒は、美人だが無愛想で口の悪い五月(香里奈)、口は達者だが関西弁のためクラスになじめない少年・村林(森永悠希)、そして、元野球選手の湯河原(松重豊)。3人は言い争ってばかりでしたが、少しずつ上達していきます。

ある時、村林はいじめっ子と野球対決をして負けてしまいます。悔しがる村林に、いじめっ子を落語で笑わせてやれ、と三つ葉は提案します・・・。

国分太一というアイドルが主演していますが、ステレオタイプの主人公の青春ストーリーとは一味違います。

平山秀幸の演出は、夢を追いかける裏側にある苦しみと喜びを、地に足のついた視点で丁寧に描いています。

落語という、若者文化の中心から外れた伝統芸能と、それを取り巻く下町の風景。これが、誇張されず、かつ、いい風景を切り取っているのが嬉しいです。

国分太一の落語も、撮影が進むごとに上達していったのがよく分かります。これを観て、落語の艶っぽい魅力に触れるファンも多いのではないでしょうか? ベテラン、伊東四朗の落語もさすがですが、子役の森永悠希のこまっしゃくれた噺家っぷりは見事です。

● レビュー
東京の下町を舞台に、ほのぼのとした暖かい日本人の人情が伝わってくるいい映画です。

国分太一香里奈松重豊伊東四朗八千草薫といった主要なキャストが、それぞれにはまっていますが、何と言っても最高なのは森永悠希です。めっちゃ面白いです。

ゆずの主題歌もぴったりです。

人間関係や仕事に疲れた人にお奨めします。
心が癒されます。

● 採点
87.5点(娯楽度90点、感動度85点)

● 作品データ
製作 2007年 日本
監督 平山秀幸
出演 国分太一香里奈森永悠希松重豊八千草薫伊東四朗、占部房子、建蔵、日向とめ吉、山本浩司

● 鑑賞記録
2007年5月28日 梅田ガーデンシネマにて

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2007年05月29日 日本映画 トラックバック:1 コメント:0

<< GOAL!2 | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | The焼肉ムービー プルコギ >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/12-6800f75f

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです。少し以前に観た映画も紹介していきます。目次あ行あしたの私のつくり

2007年08月07日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。