スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ミス・ポター




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

今回は映画ミス・ポター」のレビューです。

映画ミス・ポター」は、世界中で人気のピーターラビットの作者、ビアトリクス・ポターの恋と波乱の半生をつづる実話ドラマです。上流階級の女性が職業を持てなかった時代に、絵本作家としての道を自ら切り開いた進歩的なポターを「シカゴ」のレニー・ゼルウィガーが熱演しています。

ヴィクトリア朝の封建的な雰囲気が残る1902年のロンドンです。ビアトリクス・ポターレニー・ゼルウィガー)は、上流階級の家庭に育ちましたが、絵本を出版するのが子供の頃からの夢でした。

絵本の主人公は、青い上着を着た愛らしいうさぎ、ピーターです。新人編集者のノーマン(ユアン・マクレガー)はビアトリクスの絵に魅了され、二人で絵本を制作します。その絵本はたちまちイギリス中に知られるベストセラーになりました。

二人はいつしか愛し合うようになりますが、ビアトリクスの父(ビル・パターソン)と母(バーバラ・フリン)は身分違いの結婚を許しませんでした。

両親の反対を押し切り、ノーマンの姉ミリー(エミリー・ワトソン)に支えられ、二人は生涯を誓い合いますが、ビアトリクスの初めての恋は、美しい思い出だけを残して、突然消えてしまいます。

ノーマンへのかわらない愛を胸に湖水地方に移り住んだビアトリクスは、悲しみから救ってくれた豊かな自然を守るという、第2の壮大な夢と出逢います・・・。

ピーターラビットをはじめとするポターの描いた絵が、アニメとなって動くシーンは楽しくほのぼのとします。

また今も保存されている湖水地方の美しい自然にも癒されます。

そして、なによりも、ポターの生き方に共感します。

採点
85点(娯楽度85点、感動度85点)

作品データ
製作 2006年 アメリカ イギリス
監督 クリス・ヌーナン
出演 レニー・ゼルウィガーユアン・マクレガーエミリー・ワトソンバーバラ・フリンビル・パターソン

鑑賞記録
2007年9月21日 なんばパークスシネマにて

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2007年09月23日 洋画 トラックバック:1 コメント:0

<< さくらん | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | 連理の枝 >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/117-01cac11f

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです。少し以前に観た映画も紹介していきます。目次あ行あかね空

2007年09月23日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。