スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

モーツァルトとクジラ




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

今回は2007年3月に観た映画モーツァルトとクジラ」のレビューです。

映画モーツァルトとクジラ」は「知的障害のない自閉症」であるアスベルガー症候群を抱える男女の姿を描いた美しいラブストーリーです。

「知的障害のない自閉症」アスペルガー症候群のドナルド(ジョシュ・ハートネット)は他人に理解されず、本当の自分を隠して生きてきました。仲間や動物を愛する心は人一倍強いものの、自分自身を制御できないことに苛立ち、自らの殻に閉じこもって絶えず孤独を感じる日々でした。

イザベラ(ラダ・ミッチェル)は彼とは正反対の性格で、自由奔放で明るく、思ったことをすぐに口に出さずにはいられません。しかし彼女もまた、アスペルガー症候群という同じ苦悩を抱え、常に不安と葛藤に苛まれて生きてきました。

ドナルドとイザベラは恋に落ち、2人は同棲を始めます。しかし、障害を隠そうとするドナルドの態度にイザベラが激怒し、その関係は険悪になっていきます。

ふたりは予測不可能な相手の行動に翻弄されながら、愛を育もうとします。寄り添って生きたいと願えば願うほど、障害を意識せざるをえず、あまりにも純粋であるがために、互いに罵り合い、傷つけ合ってしまいます。

そんな宿命がもたらす幾多の困難を乗り越え、少しずつ心を開いてゆくふたりの様子がドラマチックに綴られていきます。

この映画は実話をベースにした作品です。
障害者の物語ですが、テーマは普遍的なものです。
とても感動できる、秀れた映画です。

採点
85点(娯楽度80点、感動度90点)

作品データ
製作 2004年 アメリカ
監督 ピーター・ネス
出演 ジョシュ・ハートネットラダ・ミッチェル、ゲーリー・コール、ジョン・キャロル・リンチ、ラスティ・シュウィマー

鑑賞記録
2007年3月12日 テアトル梅田にて

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2007年09月21日 洋画 トラックバック:1 コメント:0

<< 連理の枝 | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | 善き人のためのソナタ >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/115-9c947313

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです。少し以前に観た映画も紹介していきます。目次あ行あかね空

2007年09月21日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。