スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ラストキング・オブ・スコットランド



映画dvdレビューです。映画が好きで主に映画館日本映画韓国映画洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画レビューも紹介していきます。

映画ラストキング・オブ・スコットランド」は、主演のフォレスト・ウィテカーアカデミー賞主演男優賞をはじめ2006年のほぼすべての映画賞で、主演男優賞を総なめにした映画です。

1971年、スコットランドの医学校を卒業したニコラス・ギャリガン(ジェームズ・マカヴォイ)は、志を胸に、ウガンダにある診療所で働く道を選びます。軍事クーデターによってオボテ政権が倒れ、イギリスの支援を受けたイディ・アミン(フォレスト・ウィテカー)が、新ウガンダ大統領の座についた直後のことでした。

軍隊のヒーローであるアミンは、国民の期待を一身に集める希望の星です。ニコラスは、アミンが診療所の近くで演説すると聞き、興味を抱いて出かけて行きます。ニコラスは、熱弁をふるうアミンのカリスマ性に、集まった多くの民衆と同様に強くひきつけられるのを感じます。

そんなニコラスとアミンの運命がひとつに交わる出来事が、演説会の直後に起こります…。

この映画は、アミンをはじめとする実在の人物や、エア・フランス機のハイジャック事件などの歴史的出来事をからませたガイルズ・フォーデンの処女小説を元にしています。

アミン役のフォレスト・ウィテカーは、独裁者の光と影の部分を見事に捉えた熱演です。

ニコラス役のジェームズ・マカヴォイも、ニコラスの驚愕と焦燥を、リアリティ満点に演じています。

この映画は、実在の人物と実際の事件を題材にしていますが、ニコラスはフィクションです。

とにかく独裁者の狂気に戦慄します。しかもこれがごく最近のことと言うことにも驚きます。

映画の後半は、サスペンス映画として観れば、迫力満点です。

採点
87.5点(サスペンス度90点、感動度85点)

作品データ
製作 2006年 イギリス
監督 ケヴィン・マクドナルド
出演 フォレスト・ウィテカージェームズ・マカヴォイ、ケリー・ワシントン、サイモン・マクバーニー、ジリアン・アンダーソン

鑑賞記録
2007年3月22日 三番街シネマにて

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2007年09月12日 洋画 トラックバック:1 コメント:0

<< HERO | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | サウンド・オブ・サンダー >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/107-de46e7be

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです。少し以前に観た映画も紹介していきます。目次あ行あかね

2007年09月12日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。