スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

サウンド・オブ・サンダー




映画dvdレビューです。映画が好きで主に映画館日本映画韓国映画洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画レビューも紹介していきます。

サウンド・オブ・サンダーは2006年4月に観ました。

映画サウンド・オブ・サンダー」はSF小説の巨匠レイ・ブラッドベリの「いかずちの音」を、ピーター・ハイアムズ監督が映画化しました。過去への旅がもたらした、人類絶滅の危機を描いています。

近未来、人類はついにタイムトラベルの技術を手に入れました。シカゴの旅行代理店タイム・サファリ社は高額所得者を対象に、タイムマシンを使った白亜紀恐竜ハンティングツアーを売りにしていました。

ある夜、ツアー参加者を招いたパーティーにタイムマシンの開発者ソニア・ランド博士(キャサリン・マコーマック)が乱入し、ツアーの危険性を指摘します。ツアーの引率者ライヤー博士(エドワード・バーンズ)は彼女から真相を聞きだしますが、危惧する事態はまもなく現実のものとなってしまいます。

ある日、参加者が気付かないうちに持ち帰った小さな何かによって異常事態が発生します。建物や生態系を変化させる波が次々と押し寄せ、街を別世界に変貌させていきます。そして最後の波は人類絶滅を意味していました・・・。

SFパニック映画としてそれなりにハラハラ、ドキドキさせてくれます。
ただ、なんとなく、いろいろな映画の二番煎じのような感じもします。

採点
70点(娯楽度80点、感動度60点)

作品データ
製作 2004年 アメリカ ドイツ
監督 ピーター・ハイアムズ
出演 エドワード・バーンズキャサリン・マコーマック、ベン・キングスレー

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2007年09月11日 洋画 トラックバック:1 コメント:0

<< ラストキング・オブ・スコットランド | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | 華麗なる恋の舞台で >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/106-9ab00150

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです。少し以前に観た映画も紹介していきます。目次あ行あかね

2007年09月11日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。