スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

寝ずの番




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

今回は2006年4月に観た日本映画寝ずの番」のレビューです。

映画寝ずの番」は、津川雅彦が祖父と叔父のマキノ姓を継ぎ、マキノ雅彦として監督デビューした作品です。中島らも原作の人情喜劇です。

上方落語界の稀代の噺家・笑満亭橋鶴(長門裕之)が、臨終のときを迎えようとしていました。弟子たちが、なんとか師匠のいまわの願いを叶えようと、耳を近づけ聞き取ったのは「そ○が見たい」との言葉でした。

おとうと弟子・橋太(中井貴一)は、嫁・茂子(木村佳乃)を説得し、茂子は師匠をまたぎ、そそをお見せしましたが、師匠は「わしはそとが見たいと言うたんや……」。

そしてご臨終です。通夜には師匠ゆかりの人々が集まり、想い出話は尽きることがありません。

次から次へと爆笑エピソードが繰り出されて、とにかくめちゃ面白いです。

映画館で熟年の男性女性の笑い声が聞こえる映画です。

こういう映画大阪弁ならではと思いますが、中井貴一はけっこう大阪弁がうまかったです。
しかし堺正章大阪弁は若干?でした。

採点
90点(娯楽度95点、感動度85点)

作品データ
製作 2005年 日本
監督 マキノ雅彦
出演 中井貴一木村佳乃堺正章、岸部一徳、長門裕之、富司純子

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2007年09月17日 日本映画 トラックバック:1 コメント:0

<< | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | 今宵、フィッツジェラルド劇場で >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/104-ed7d1837

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです。少し以前に観た映画も紹介していきます。目次あ行あかね空

2007年09月21日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。