スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

今宵、フィッツジェラルド劇場で




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

今回はアメリカ映画今宵、フィッツジェラルド劇場で」のレビューです。

映画今宵、フィッツジェラルド劇場で」は、アカデミー賞監督賞に5度ノミネート、カンヌ映画祭・ヴェネチア映画祭・ベルリン映画祭と世界の3大映画祭の最高賞を受賞した名匠ロバート・アルトマンの遺作です。(2006年11月死亡)

ミネソタ州セントポールのフィッツジェラルド劇場で、長年親しまれてきたラジオショウ「プレイリー・ホーム・コンパニオン」の、最後の公開生放送が始まろうとしていました。

私立探偵を気取った用心棒ノワール(ケヴィン・クライン)、名司会者キーラー(ギャリソン・キーラー)、カントリーシンガーのヨランダ(メリル・ストリープ)とロンダ(リリー・トムリン)のジョンソン姉妹、カウボーイソングデュオのダスティ(ウディ・ハレルソン)とレフティ(ジョン・C・ライリー)らが、次々と楽屋入りします。

やがてショウが始まり、白いトレンチコートの美女が現れます……。

実際に現在も放送されているラジオ番組「プレイリー・ホーム・コンパニオン」の舞台裏の人間模様を描いています。

本物の番組で30年以上にわたり司会を務め、作家でもあるギャリソン・キーラーが原案・脚本を手がけ、本人役で出演も果たしています。

ラジオの公開生放送を舞台にした群像劇です。
ストーリーは若干物足りませんが、演じられる歌はとても素晴らしいです。
カントリーミュージック好きにはおすすめです。

採点
75点(娯楽度80点、感動度70点)

作品データ
製作 2006年 アメリカ
監督 ロバート・アルトマン
出演 メリル・ストリープリリー・トムリン、リンジー・ローハン、ギャリソン・キーラーケヴィン・クラインウディ・ハレルソン、トミー・リー・ジョーンズ、ヴァージニア・マドセン、ジョン・C・ライリー、マヤ・ルドルフ、L・Q・ジョーンズ、メアリールイーズ・バーク

鑑賞記録
2007年3月19日 テアトル梅田にて

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2007年09月16日 洋画 トラックバック:1 コメント:0

<< 寝ずの番 | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | ピーターパンの公式 >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/101-96eb5463

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです。少し以前に観た映画も紹介していきます。目次あ行あかね空

2007年09月21日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。