スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

華麗なる恋の舞台で



映画dvdレビューです。映画が好きで主に映画館日本映画韓国映画洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

映画華麗なる恋の舞台で」は、サマセット・モーム原作の「劇場」を、ハンガリーの名匠イシュトヴァン・サボーが、映画化しました。舞台の上で繰り広げられる、華麗なる女優の恋とかけひきの物語です。

映画の舞台は1938年のロンドンです。舞台女優のジュリア(アネット・ベニング)はイギリスの演劇界を代表するスターです。ジュリアは演出家である夫(ジェレミー・アイアンズ)とはお互い束縛しあわないことを暗黙の了解にして、恋に仕事に女優人生を謳歌していますが、内心、スターの座を奪われる事を恐れてもいました。

ある日、ジュリアは、ファンだという親子ほども年の違う米国人青年トム(ショーン・エヴァンス)と出会い二人は恋に落ちます。二人はゲーム感覚で恋を楽しんでいましたが、トムに若い女性の影が見え始め、ついには、その女性に役を与えて欲しいと…。

女優として女として、ジュリアは入念に練り込んだ駆け引きを始めます。

アネット・ベニングは本作で2005年度ゴールデングローブ賞主演女優賞を受賞しました。

熟年女性のしたたかさを見せつけるクライマックスが拍手喝采ものです。
特に熟年の女性におすすめです。

採点
87.5点(娯楽度90点、感動度85点)

作品データ
製作 2004年 カナダ、アメリカ、ハンガリー、イギリス
監督 イシュトヴァン・サボー
出演 アネット・ベニングジェレミー・アイアンズ、マイケル・ガンボン、ブルース・グリーンウッド、ミリアム・マーゴリーズ、ジュリエット・スティーヴンソン、ショーン・エヴァンス、ルーシイ・パンチ

鑑賞記録
2007年3月23日 OS名画座にて

スポンサーサイト
banner2.gif
人気blogランキングへ

2007年09月10日 洋画 トラックバック:1 コメント:0

<< サウンド・オブ・サンダー | 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP | 卑劣な街 >>












管理者にだけ公開する

トラックバックURL
http://shofgh3.blog107.fc2.com/tb.php/100-dcc27a51

目次(あいうえお順)

映画dvdのレビューです。映画が好きで主に映画館で日本映画、韓国映画、洋画などを鑑賞しています。そんな私が観た映画dvdのレビューです。少し以前に観た映画も紹介していきます。目次あ行あかね

2007年09月10日 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビュー

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。