スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
banner2.gif
人気blogランキングへ

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

クリアネス




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

今回は現在公開中の日本映画クリアネス」のレビューです。

映画クリアネス」は第1回ケータイ小説大賞を受賞した、十和原作のケータイ小説を「地下鉄(メトロ)に乗って」の篠原哲雄監督が映画化しました。空虚に生きる女子大生とホストの青年が、強い絆を育んでいく姿を叙情に描くラブストーリーです。

女子大生、さくら(杉野希妃)は自宅マンションで、男に体を売っていました。同級生の彼氏(小柳友)はいますが、さくらの心はいつも満たされず、部屋の向かいのビルにある出張ホスト事務所の金髪の美少年レオ(細田よしひこ)を秘かに見つめていました。

ある日、客の男に乱暴されている所にレオが現れ、追い払ってくれます。急激に親しくなる二人でしたが、いつになってもレオはさくらを抱こうとしません。不審に思うさくらに、出張ホスト事務所のオーナー・成瀬(哀川翔)が、レオは客以外の女性を抱けない、別れろと脅されます・・・。

主演の杉野希妃細田よしひこがいいです。心に傷のある恋人たちを瑞々しく演じています。今後が楽しみです。

同じケータイ小説の映画化でも、私は「恋空」よりもこちらを評価します。「恋空」の、実話だと言って嘘っぽいストーリーよりも、初めから創作のこちらのストーリーの方が、感情移入できて、感動できます。

ラストの与那国島の夕日が美しく、暖かい気持ちになれます。

採点
85点(娯楽度85点、感動度85点)

作品データ
製作 2007年 日本
監督 篠原哲雄
出演 杉野希妃細田よしひこ小柳友、山田幸伸、高久ちぐさ、斎藤工、高田純次、哀川翔

鑑賞記録
2008年2月28日 なんばパークスシネマにて

banner2.gif
人気blogランキングへ

スポンサーサイト

2008年02月29日 日本映画 トラックバック:1 コメント:0

アメリカン・ギャングスター




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

今回は現在公開中のアメリカ映画アメリカン・ギャングスター」のレビューです。

映画アメリカン・ギャングスター」は、巨匠リドリー・スコットが、デンゼル・ワシントンラッセル・クロウというアカデミー賞主演男優賞を受賞した名優を起用して、実話に基づく麻薬王と捜査官の息詰まる激突を描いた犯罪サスペンス映画です。

1968年、フランク・ルーカス(デンゼル・ワシントン)が運転手として長年仕えたハーレムの黒人ギャングのボスが急死します。フランクは一匹狼として生きることを決意し、ベトナム戦争の軍用機を利用して東南アジアの麻薬を密輸し、従来より2倍の品質のものを従来の半値で売ると言う独自の麻薬ビジネスを展開し、やがて大物マフィアをも出し抜く成功を手にします。しかし、目立たないことを信条にする彼の素顔はベールに包まれたままでした。

一方、刑事リッチー・ロバーツ(ラッセル・クロウ)は汚職がはびこる警察組織の中で正義を貫こうとして孤立していましたが、新設された特別麻薬取締局のリーダーに任命され、粘り強い操作で顔の見えない敵であったフランクをじりじりと迫いつめていきます・・・。

卓越したビジネス・センスを武器にアフリカ系としては前代未聞の麻薬王の座に颯爽と登りつめ、暗黒外のアメリカンドリームを達成するデンゼル・ワシントン。腐敗がはびこる警察内で正義を貫く一方、私生活では離婚した妻と息子の養育権を争うというだらしない人間味を見せるラッセル・クロウ。オスカー男優ふたりの演技は見どころたっぷりです。

彼らの激突に加えて、従来のマフィアや悪徳警察官一派がからんだストーリーは、スピード感あふれる展開で157分の上映時間を長いと感じませんでした。

採点
90点(娯楽度90点、感動度90点)

作品データ
製作 2007年 アメリカ
監督 リドリー・スコット
出演 デンゼル・ワシントンラッセル・クロウ、キウェテル・イジョフォー、キューバ・グッディング・ジュニア、ジョシュ・ブローリン、テッド・レヴィン、アーマンド・アサンテ、ジョン・オーティス、ジョン・ホークス、RZA、ルビー・ディー、コモン、ライマリ・ナダル

鑑賞記録
2008年2月27日 TOHOシネマズなんばにて


banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年02月28日 洋画 トラックバック:1 コメント:0

チーム・バチスタの栄光




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

今回は現在公開中の日本映画チーム・バチスタの栄光」のレビューです。

映画チーム・バチスタの栄光」は、現役医師である海藤尊が書き下ろし、第4回「このミステリーがすごい大賞」で大賞を受賞したベストセラー小説を豪華キャストで映画化しました。大病院で仕組まれた犯罪の真相を、竹内結子演じる心療内科医と阿部寛演じる厚生労働省の役人コンビが、コミカルな掛け合いで探ります。

東城大学付属病院の専門集団「チーム・バチスタ」(吉川晃司池内博之佐野史郎玉山鉄二田口浩正田中直樹井川遥)は、成功率60%といわれる心臓手術「バチスタ手術」を26例連続成功させていましたが、その手術が3例連続で失敗するという事態が起きました。

心療内科医の田口(竹内結子)は院長(國村隼)の命で手術失敗の内部調査を行うことになります。彼女は聞き取り調査の結果単なる事故として調査を終了しようとしますが、そこに厚生労働省の白鳥(阿部寛)が現れ……。

主人公の田口は原作では男性でしたが、それを女性にするという大胆な変更をしたことによって、白鳥とのコンビネーションをより際立たせることができたようです。

私は、「このミステリーがすごい大賞」の大賞ということで、ミステリアスな展開を期待して観ましたが、謎が謎を呼ぶというようなミステリー的な要素は弱いように思いました。
最後にどんでん返しもあるのですが・・・。

キャストはそれなりに好演で、面白いことには面白いのですが、映画としては全体として迫力不足で、やや小粒な印象でした。

採点
65点(娯楽度80点、感動度50点)

作品データ
製作 2008年 日本
監督 中村義洋
出演 竹内結子阿部寛吉川晃司池内博之玉山鉄二井川遥田口浩正田中直樹佐野史郎、野際陽子、平泉成、國村隼

鑑賞記録
2008年2月26日 TOHOシネマズなんばにて

banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年02月27日 日本映画 トラックバック:1 コメント:0

虹の女神 Rainbow Song




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

今回は2006年10月に観た日本映画「虹の女神 Rainbow Song」のレビューです。

映画「虹の女神 Rainbow Song」は、「イノセント ワールド」の桜井亜美の原案・脚本を、「リリイ・シュシュのすべて」の岩井俊二がプロデュースし、「親指さがし」の熊澤尚人が監督して描く、虹のように儚いラブストーリーです。

岸田智也(市原隼人)は、小さな映像制作会社にようやく就職し、日々苛酷な労働を強いられていました。そんな彼に、友人であり会社の同僚でもあった佐藤あおい(上野樹里)がアメリカで事故死したという知らせが届きます。

大学時代、智也の失恋騒ぎをきっかけに親しくなったあおいは、映画研究会に智也を引きずり込み、自らが監督した「THE END OF THE WORLD」に智也を主演させたのでした。

卒業後、智也は定職に就けないでいましたが、ある晩、久しぶりにあおいと再会します。あおいは智也に対する自分の気持ちを知りますが、どうにもならないことを悟ります。

智也に今の仕事を世話したあおいはひとり渡米し・・・。

智也の記憶とともに物語はゆっくりと進みます。届かぬ想い、すれ違う心、失って初めて気づく大切な存在。そんな儚い恋愛を、市原隼人上野樹里が見事に表現しています。

市原隼人は「天使の卵」よりもこちらの方がイメージに合っているように思います。

よく出来た青春ラブストーリーです。

いかにも映画を愛する人たちの作品という感じです。

採点
85点(娯楽度85点、感動度85点)

作品データ
製作 2006年 日本
監督 熊澤尚人
出演 市原隼人上野樹里、蒼井優、佐々木蔵之介、小日向文世、酒井若菜、相田翔子、鈴木亜美、尾上寛之、田中圭

鑑賞記録
2006年10月31日 ナビオTOHOプレックスにて


banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年02月26日 日本映画 トラックバック:1 コメント:0

ただ、君を愛してる




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

今回は2006年10月に観た日本映画ただ、君を愛してる」のレビューです。

映画ただ、君を愛してる」は、「いま、会いにゆきます」の市川拓司が2003年に公開された映画「恋愛寫眞 Collage of Our life」のアナザーストーリーとして書き上げ、ベストセラーとなった小説「恋愛寫眞 もうひとつの物語」の映画化です。宮崎あおいの魅力が溢れます。

大学入学式の日、あるコンプレックスのため入学式を欠席した誠人(まこと)(玉木宏)は、幼い容姿の個性的な女の子、静流(しずる)(宮崎あおい)と出会います。人とうまく付き合えず写真だけが趣味の誠人でしたが、彼女とは自然に打ち解けることができました。

静流も誠人といつもいっしょにいたい気持ちから、カメラを手にするようになり、二人は毎日のように森へ写真撮影に出掛けていきます。

しかし、誠人は同級生のみゆき(黒木メイサ)に想いを寄せていました。誠人は、いつも一緒にいるのに静流のことは女の子として見ていないのです。誠人のために静流は大人の女性になろうと決心します・・・。

悲しい恋の物語です。

宮崎あおいが、さすがという感じですし、玉木宏も好演です。

すべてが明らかになる終盤がとても良いと思いました。

大塚愛の主題歌もいいです。

採点
90点(娯楽度85点、感動度95点)

作品データ
製作 2006年 日本
監督 新城毅彦
出演 宮崎あおい玉木宏黒木メイサ、小出恵介、上原美佐、青木崇高、大西麻恵

鑑賞記録
2006年10月30日 アポロシネマ8にて

banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年02月25日 日本映画 トラックバック:1 コメント:0

天使の卵




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

今回は2006年10月に観た日本映画天使の卵」のレビューです。

映画天使の卵」は、94年に刊行されて以来、100万部を突破した村山由佳原作のベストセラーを、市原隼人小西真奈美沢尻エリカという旬の俳優を配して映画化しました。

歩太(市原隼人)は美大を目指して浪人中ですが、一足早く大学に入学した夏姫(沢尻エリカ)と、親も公認の似合いのカップルです。しかし、歩太は満員電車で出会ったどこか陰のある見知らぬ女性に密かに恋心を抱いていました。

歩太はある日、精神科に入院中の父の病院で、その女性・春妃(小西真奈美)と再会します。彼女は父親の新しい主治医で、なんと夏姫の8才上の姉だったのです。

ある日、春妃は歩太を呼び出し、「あなたに他に好きな人がいるのではないかと心配している」と言いますが、歩太は思わず「僕が好きなのはあなたです」と打ち明けます……。

19才の迷える少年が大人の女性に出会い惹かれていく姿が描かれていきます。

私は、原作を読んでいません。

全体にまずまずという感じです。悪くはないのですが、なんとなく迫力がないように思いました。

市原隼人が画家志望というのもイメージに合わない気がします。

採点
70点(娯楽度70点、感動度70点)

作品データ
製作 2006年 日本
監督 富樫森
出演 市原隼人小西真奈美沢尻エリカ、戸田恵子、鈴木一真、三浦友和

鑑賞記録
2006年10月27日 動物園前シネフェスタにて



banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年02月24日 日本映画 トラックバック:1 コメント:0

幸せのスイッチ




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

今回は2006年10月に観た日本映画幸せのスイッチ」のレビューです。

映画「幸せのスイッチ」は、若手人気女優、上野樹里とジュリーこと沢田研二の「樹里&ジュリー」コンビの共演による、笑って泣けるハートフルな家族映画です。

和歌山県田辺市で、電器店を営む父誠一郎(沢田研二)は、儲けは二の次だと言ってお客様のために働き続ける頑固オヤジです。怜(上野樹里)は、そんな父に反発し、東京へと出てきていました。

怜はデザイン会社にイラストレーターとして入りますが、新人の怜に現実は厳しく、イラストのダメ出しにキレて、上司と衝突してしまいます。

そんな矢先に、田舎の妹(中村静香)から母親がわりの姉(本上まなみ)が入院したとの知らせが入り、怜は急いで帰省します。ところが、実は入院したのは、父でした。

姉からの生活費カンパの条件に、怜はしぶしぶ実家の手伝いを引き受けるのですが……。

この映画は、田辺市の町おこし映画だそうです。

ややありふれたストーリーですが、しっとりほのぼのさせてくれます。

上野樹里が不機嫌顔の娘から、やがて大切なものに気づく役を見事に演じています。沢田研二の頑固オヤジもはまっています。

採点
82.5点(娯楽度80点、感動度85点)

作品データ
製作 2006年 日本
監督 安田真奈
出演 上野樹里沢田研二本上まなみ中村静香、林剛史、新屋英子、深浦加奈子、石坂ちなみ、笠原秀幸、田中要次、芦屋小雁

鑑賞記録
2006年10月26日 テアトル梅田にて


banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年02月23日 日本映画 トラックバック:1 コメント:0

奈緒子




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

今回は現在公開中の日本映画奈緒子」のレビューです。

映画奈緒子」は、1994年から2001年まで「ビッグコミック・スピリッツ」誌に連載され人気を博した同名のコミックを、「ロボコン」や「さよならみどりちゃん」などの古厩智之監督が映画化しました。人気若手俳優の三浦春馬上野樹里が共演し、高校駅伝をテーマに、運命の再会をした陸上選手と彼の部のマネージャーになる少女の青春ドラマが描かれます。

喘息の療養で訪れた長崎県波切島で、12歳の奈緒子藤本七海)は走ることが大好きな10歳の雄介(境大輝)と出会います。ある時両親に連れられ釣り船で沖合に出た奈緒子は、誤って海に転落しますが、その時救助してくれた雄介の父(嶋尾康史)が命を落としてしまいます。その日以来、奈緒子は罪の意識に悩みます…。

それから6年の時が流れ、奈緒子上野樹里)は高校陸上界のスターとなった雄介(三浦春馬)と、東京で偶然再会します。

その後、駅伝に転向した雄介は、やがて初めてのレースに挑戦することになりますが…。

私はこのコミックが連載されていたころ、「ビッグコミック・スピリッツ」を毎週愛読していましたが、かなり以前のことで「奈緒子」のストーリーも記憶が薄れています。従って原作コミックと映画の違いもわかりません。

この映画は、監督を演じた笑福亭鶴瓶の存在が大きいと思います。九州の島でなぜ関西弁?というツッコミもありますが、そういうことに目をつぶれば、笑福亭鶴瓶の存在によって、この映画が単なるスポ根ものでない深みが生じたと思います。

上野樹里三浦春馬も好演ですが、チームメイトの中で柄本時生タモト清嵐がよかったと思います。

感動して、涙が出ました。

採点
87.5点(娯楽度85点、感動度90点)

作品データ
製作 2007年 日本
監督 古厩智之
出演 上野樹里三浦春馬笑福亭鶴瓶、佐津川愛美、綾野剛、富川一人、柄本時生タモト清嵐、光石研、山下容莉枝、藤本七海境大輝嶋尾康史、奥貫薫

鑑賞記録
2008年2月21日 なんばパークスシネマにて

banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年02月22日 日本映画 トラックバック:1 コメント:0

L change the World




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

今回は現在公開中の日本映画「L change the World」のレビューです。

映画「L change the World」は、大ヒットした「デスノート」2部作で大ブレイクした、松山ケンイチ扮するLを主役にしたスピンオフ作です。「リング」、「怪談」の中田秀夫監督が、Lの最期の23日間を追い、ホラー色やアクション・シーンなど新たな見せ場を盛り込んで、最後にして最大の難題に直面するLの姿を描きます。

L(松山ケンイチ)は、キラ事件解決の代償として唯一無二のパートナー、ワタリ(藤村俊二)を失い、自らもデスノートによる究極の選択をしましたが、そんなLの下に、突如消滅したタイの村でただ1人生き残った幼い少年(福田響志)がワタリへのメッセージを携えて送られてきます。

さらにもう1人、亡き父親(鶴見辰吾)からあるものを託された少女・真希(福田麻由子)が追っ手から逃れるように飛び込んできます。

Lは新たな「死神」の出現を察知し、2人の子どもを守りながら人生最後の難事件に挑むのでした・・・。

工藤夕貴高嶋政伸が悪役、南原清隆がFBIで登場します。

Lが苦手とする「子ども相手」、「身体を張ること」を余儀なくされます。Lに成りきった松山ケンイチがこれまでにはない人間的な一面を見せながら大活躍します。

デスノート」とは違ったイメージのLです。「デスノート」ファンには物足りないかもしれません。

松山ケンイチのファン向けに作られたデスノートとは別物の映画として見ればいいと思います。

私は松山ケンイチが好きなので、面白く楽しませてもらいました。

採点
80点(娯楽度85点、感動度75点)

作品データ
製作 2008年 日本
監督 中田秀夫
出演 松山ケンイチ工藤夕貴福田麻由子南原清隆福田響志、佐藤めぐみ、平泉成、藤村俊二鶴見辰吾高嶋政伸

鑑賞記録
2008年2月18日 TOHOシネマズなんばにて

banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年02月21日 日本映画 トラックバック:1 コメント:0

16ブロック



映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

今回は2006年10月に観たアメリカ映画16ブロック」のレビューです。

映画16ブロック」は、「ダイ・ハード」シリーズのブルース・ウィリスの新たな魅力に溢れた刑事映画です。

ジャック・モーズリー刑事(ブルース・ウィリス)は夜勤明けで署に戻りますが、そこで上司に簡単な任務を課せられます。それはわずか16ブロック先の裁判所まで囚人エディ・バンカー(モス・デフ)を護送するというものでした。

嫌々任務を引き受けたジャックはエディを車に乗せて護送を始めますが、渋滞やうるさいエディに嫌気がさし、エディを車に残したまま酒を買いに行ってしまいます。しかしジャックが車に戻ってくると、そこにはエディに向けて銃を構える男がいて…。

脂肪で突き出た腹、どこか見苦しい口ひげ、ずるずると引きずる足…主人公ジャック・モーズリーはくたびれた中年刑事です。そんな彼が警察の汚職にまつわる事件に巻き込まれていき、渋くて正義感の強い男へと変化していきます。

ジャックとエディの絶妙な間の会話が面白いです。

かっこよくないのにかっこいい。
シリアスなのにユーモアがある。

とても面白かったです。

採点
90点(娯楽度90点、感動度90点)

作品データ
製作 2006年 アメリカ
監督 リチャード・ドナー
出演 ブルース・ウィルスモス・デフ、デヴィッド・モース、ジェナ・スターン

鑑賞記録
2006年10月25日 動物園前シネフェスタにて


banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年02月20日 洋画 トラックバック:1 コメント:0

地下鉄(メトロ)に乗って



映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

今回は2006年10月に観た日本映画地下鉄(メトロ)に乗って」のレビューです。

映画地下鉄(メトロ)に乗って」は直木賞作家・浅田次郎の自伝的要素の強い同名小説を映画化しました。迷路のような地下鉄路線の果て、過去と未来が交差します。

小さな衣料品会社の営業マン・長谷部真次(堤真一)は、絶縁状態の父親が倒れたという知らせを受けた日、いつものようにスーツケースを転がしながら地下鉄で移動していました。そこに突然、亡き兄に似た人物が姿を現します。兄の背中を追って地下通路を抜けると、そこは昭和39年の東京でした。

やがて真次は無事現在に戻ってきますが、後日、今度は恋人の軽部みち子(岡本綾)も一緒に昭和21年に遡り、闇市でしたたかに生きる若き日の父・小沼佐吉(大沢たかお)と恋人・お時(常盤貴子)に出会います・・・。

タイムスリップの中で、親子の愛憎、男女の情愛が描かれていき、最後には大きな感動が残ります。

採点
85点(娯楽度85点、感動度85点)

作品データ
製作 2006年 日本
監督 篠原哲雄
出演 堤真一岡本綾常盤貴子大沢たかお、田中泯、笹野高史、北条隆博、吉行和子

鑑賞記録
2006年10月24日 アポロシネマ8にて

banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年02月19日 日本映画 トラックバック:1 コメント:0

ちーちゃんは悠久の向こう




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

今回は現在公開中の映画ちーちゃんは悠久の向こう」のレビューです。

映画ちーちゃんは悠久の向こう」は、ライトノベル界の新鋭・日日日(あきら)が手がけ、新風舎文庫大賞を受賞した話題の原作を、仲里依紗林遣都のフレッシュコンビの主演で映画化しました。

ちーちゃん(仲里依紗)とモンちゃん(林遣都)は小さい頃から仲の良い幼馴染です。

高校に進学した二人は偶然同じクラスになります。
モンちゃんは、母親が家出し、酒で憂さを晴らす父親に殴られ、満たされない家庭にやり場のない日常を抱えていましたが、ちーちゃんといると心が安らぐのでした。

弓道部に入部したモンちゃんに、3年生の部長・武藤さん(高橋由真)が何かとモンちゃんを気にかけてくれます。

一方、オカルト研究会に入ったちーちゃんは高校に伝わる「七不思議」の秘密を探ることにしますが…。

恋愛、ファンタジー、ホラーなどさまざまな要素が盛り込まれた映画です。

映画初出演の仲里依紗もかわいいですが、「バッテリー」でデビューし2作目となる林遣都の美少年ぶりが見どころです。まさに眉目秀麗、絶世の美少年です。

ストーリーも含めて、林遣都が主演の映画と言ってよいと思います。

採点
82.5点(娯楽度85点、感動度80点)

作品データ
製作 2007年 日本
監督 兼重淳
出演 仲里依紗林遣都高橋由真、波瑠、奥村知史、小野まりえ、永山菜々、飛田光里、堀部圭亮、西田尚美

鑑賞記録
2008年2月12日 テアトル梅田にて

banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年02月18日 日本映画 トラックバック:1 コメント:0

トリスタンとイゾルデ




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

今回は2006年10月に観たアメリカ映画トリスタンとイゾルデ」のレビューです。

トリスタンとイゾルデ」は、1500年前にケルトの伝説として誕生し、吟遊詩人らによってヨーロッパ中に広められ、やがて宮廷詩やアーサー王伝説の一部として語り継がれていった悲恋物語です。シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」の元にもなりました。

映画トリスタンとイゾルデ」は、この古典の映画化を20年も温めてきたという巨匠リドリー・スコット製作総指揮のもと完成しました。

ローマ帝国の崩壊後、イギリスは事実上、アイルランド王の権力下にありました。各地に割拠する部族長の1人・マーク候(ルーファス・シーウェル)は、幼いトリスタンの命を救い、孤児となった彼を大切に育てます。

9年後、立派に成長したトリスタン(ジェームズ・フランコ)は戦いで負った傷から瀕死に陥り、葬船に乗せられ海に流されます。

やがてアイルランドの海岸に流れ着いたトリスタンは、薬の知識を持つ王の娘イゾルデ(ソフィア・マイルズ)に救われます。若い2人は間もなく深い仲になりますが、葬船がアイルランド軍に発見されたトリスタンは、この地を去らねばならなくなります。

やがてイゾルデがトリスタンの恩人であるマーク候と、政略結婚することになり、2人は、思わぬ形で再会します。

トリスタンは忠義心と愛情の間で苦しみながらも、イゾルデと密会を重ねますが…。

スパイダーマン」シリーズのハリー役、ジェームズ・フランコがトリスタンを好演しています。

歴史ものとしても、悲恋ものとしても、よく出来た作品です。

ラストには感動します。

採点
87.5点(娯楽度85点、感動度90点)

作品データ
製作 2006年 アメリカ
監督 ケヴィン・レイノルズ
出演 ジェームズ・フランコソフィア・マイルズルーファス・シーウェル、マーク・ストロング

鑑賞記録
2006年10月23日 TOHOシネマズなんばにて


banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年02月17日 洋画 トラックバック:1 コメント:0

いちばんきれいな水




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

今回は2006年10月に観た日本映画いちばんきれいな水」のレビューです。

映画いちばんきれいな水」は古屋兎丸の漫画を原作とした映画です。加藤ローサ菅野莉央の姉妹が遭遇する奇跡のストーリーが描かれています。

小学6年生の夏美(菅野莉央)は、夏休みも塾通いで受験勉強に余念がありません。幼稚な男子にメガネザルとからかわれても相手にしないと決めていました。

両親は妙に大人びた夏美に戸惑い気味ですが、難病のため11年間こんこんと眠り続けている姉の愛(加藤ローサ)を見守りながら、それでも一家は穏やかに暮らしていました。

ある日、母(南果歩)の妹の真理子(カヒミ・カリィ)が渡航先の南米で事故に巻き込まれたというので、父(田中哲司)と母は夏美と愛を残して慌ただしく旅立ちます。

その夜、愛が突然目を覚まします。年齢は19歳ですが、心は8歳のままで、無邪気に振る舞う姉に、無理矢理外へ連れ出された夏美は、姉と一緒にかけがえのない時間を過ごすのですが…。

加藤ローサ映画初主演で、心は8歳のまま美しい19歳に成長した娘という難役を好演し、菅野莉央も、12歳の少女の、ひと夏の成長を見事に表現しています。

この映画は、女の子が観る映画だと思います。

採点
75点(娯楽度80点、感動度70点)

作品データ
製作 2006年 日本
監督 ウスイヒロシ
出演 加藤ローサ菅野莉央カヒミ・カリィ南果歩田中哲司

鑑賞記録
2006年10月17日 シネマート心斎橋にて


banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年02月16日 日本映画 トラックバック:1 コメント:0

ドラゴン・スクワッド




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

今回は2006年10月に観た香港映画ドラゴン・スクワッド」のレビューです。

映画ドラゴン・スクワッド」は、華流を牽引する2大スター、台湾のトップアイドルF4のヴァネス・ウーと「インファナル・アフェア」三部作で一躍スター俳優となった香港のショーン・ユーが共演するなど、国際色豊かな豪華キャストで贈る本格刑事映画です。

香港を震撼させた大事件の証人として、黒社会の首領タイガーの弟パンサーが出廷することになります。重要な裁判に向けて、香港警察だけでなく、国際警察の若手捜査官も世界各国から招集されます。

アメリカから元SWATで左利きの一級射手ホー(ヴァネス・ウー)。地元香港からは元暴走族取締課に在籍し、最高のドライビング・テクニックをもつロク(ショーン・ユー)と潜入捜査のスペシャリストで紅一点のシュウ(ホァン・シェンイー)。さらに中国からスナイパーのシャオジュン(シア・ユイ)、イギリスから元特殊部隊員のジェイ(ローレンス・チョウ)。

5名の若き精鋭たちが、香港警察のホン警視(サイモン・ヤム)の指揮下で、パンサーを護送する任務に就きますが、裁判が一時間後に迫った頃、護送車は謎の武装集団による襲撃に遭い、激しい銃撃戦の末に警察は一網打尽にされ、パンサーは連れ去られてしまいます。

失態を演じた5人は、定年を5日後に控えた交通課のゴン・ロン(サモ・ハン)のところに預けられます・・・。

彼らと、タイガー兄弟、さらに元コロンビア軍大尉のペトロス(マイケル・ビーン)、元韓国軍特殊部隊大佐のコー(ホ・ジュノ)、元ベトナム軍のスナイパー、ユエ(マギー・Q)たち国際テロリスト集団との三つ巴の死闘が繰り広げられます。

豪華なキャストが揃って、香港のアクション映画としてはよく出来ていて、楽しめました。

単なるアクション映画でなく、人間ドラマとしても見ごたえがあります。

採点
82.5点(娯楽度85点、感動度80点)

作品データ
製作 2005年 香港
監督 ダニエル・リー
出演 ヴァネス・ウーショーン・ユーホァン・シェンイーシア・ユイローレンス・チョウマイケル・ビーンホ・ジュノマギー・Q、リー・ビンビン、サイモン・ヤム、サモ・ハン

鑑賞記録
2006年10月17日 シネマート心斎橋にて

banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年02月15日 アジア映画 トラックバック:1 コメント:0

旅の贈りもの 0:00発




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

今回は2006年10月に観た日本映画「旅の贈りもの 0:00発」のレビューです。

映画「旅の贈りもの 0:00発」は、鉄道の旅の魅力がいっぱいのハートフルな感動作です。主演は櫻井淳子。多岐川裕美の娘、多岐川華子徳永英明が映画初出演しています。

偶数月の第3金曜日の深夜0:00、大阪駅から3両編成の不思議な電車が出発します。その行き先は不明です。

たまたま乗り合わせた乗客は、年下の男との恋にやぶれた由香(櫻井淳子)、自殺サイトの仲間と集団自殺するつもりだった華子(多岐川華子)、タレントを夢見ていたミチル(黒坂真美)、会社をリストラされ家庭にも居場所をなくしてしまった若林(大平シロー)、妻に先立たれた網干(細川俊之)ら。

さまざまな人と想いを乗せて列車は走り、やがて青い海に面した小さな田舎町「風町」へとたどり着きます。そこで降りた乗客たちは町の中を散策しはじめますが…。

鉄道の旅のロマンと、旅先での人と人との心の触れ合いが描かれていきます。

旅人たちを風町へと運ぶ不思議な列車には、幻の名列車EF58-150(ゴハチ)を使用しています。ゴハチは、スマートな流線型のスタイルと優れた性能が、高度経済成長のシンボルとして戦後の最高傑作と称された名列車です。

作中で、永英明が、本作のために書き下ろした「happiness」と、中島みゆきの名曲「時代」を歌います。山口百恵を敬愛する中森明菜が歌う「いい日旅立ち」がエンディングです。

旅先での人と人との心の触れ合いに、心の傷や尖りが癒されていきます。

ほのぼのとした感動の残る映画です。

大滝秀治の郵便局長がさすがという感じで、味があります。

採点
90点(娯楽度90点、感動度90点)

作品データ
2006年 日本
監督 原田昌樹
出演 櫻井淳子多岐川華子徳永英明大平シロー黒坂真美大滝秀治細川俊之、小倉智昭、正司歌江

鑑賞記録
2006年10月16日 テアトル梅田にて

banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年02月14日 日本映画 トラックバック:1 コメント:0

KIDS




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

今回は現在公開中の日本映画KIDS」のレビューです。

映画KIDS」は「きみにしか聞こえない」に続いて、乙一の原作(「傷」)を荻島達也監督が映画化しました。

町の工場で働くタケオ(玉木宏)は、いきつけのダイナーで見慣れない少年、アサト(小池徹平)と出会います。アサトはテーブルの塩を手を使わずに引き寄せていました。彼には、物を移動させるという特殊な能力がありました。

アサトはチンピラに絡まれたタケオを不思議な力で救い、二人に友情が芽生えます。アサトはその力を使って子供たちのケガを自分に移動させて治します。そんなアサトの行動をタケオは心配していました。

ダイナーのバイトで、いつもマスクをしているシホ(栗山千明)に、想いを寄せるアサトは、シホの悲しい過去を知り・・・。

小池徹平が、これまでの明るいキャラから一転して、暗く悲しい過去を持つ繊細なアサトを好演しています。また、玉木宏も男臭さ全開の不良少年タケオを見事に演じています。

「せつなさの達人」と言われる乙一の原作を私は読みましたが、原作では主人公は11歳の小学生です。しかしこの映画では少年という設定になっています。

原作の持つ、せつない雰囲気が引き継がれつつ、原作よりは未来に希望を抱かせるストーリーになっているのも、映画としては好感が持てます。

採点
82.5点(娯楽度85点、感動度80点)

作品データ
製作 2007年 日本
監督 荻島達也
出演 小池徹平玉木宏栗山千明、泉谷しげる、永岡佑、仲野茂、斉藤由貴

鑑賞記録
2008年2月8日 なんばパークスシネマにて
banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年02月13日 日本映画 トラックバック:1 コメント:0

オトシモノ




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

今回は2006年10月に観た日本映画オトシモノ」のレビューです。

映画オトシモノ」は沢尻エリカ主演のホラー映画です。沢尻人気も高い韓国で先行公開されました。

駅のホームでオトシモノの定期券を拾った小学生の孝は、友人の木村範子とその姉で高校三年生の奈々(沢尻エリカ)と出会ったのち、行方不明になってしまいます。

奈々は真面目でおとなしい性格のため、友人が少なく、さらに、父親の不在、卒業後の進路、そして心臓を患う母親・靖子(浅田美代子)の入院など、複雑な悩みを抱えていました。そんな奈々には、仲間たちとつるみ、楽しそうに毎日を送っているクラスメイトの藤田香苗(若槻千夏)がうらやましく思えました。

三葉電鉄の運転手・久我俊一(小栗旬)は水無(みずなし)駅へ続くトンネル内を運行中、線路に横たわる怪しい人影を目撃したため、電車を急停止させ、近くで確かめようとしますが、次の瞬間、それは消えてしまいます。そんなことが何回か続いたため、俊一は運転業務から外されます。

範子はオトシモノの定期券を駅員室に届けた帰り、行方不明になっていた孝をホームで見かけ、その事を奈々のケータイの留守電に残します。しかしそれを最後に範子もまた消息を絶ってしまいました・・・。

私は、ホラー映画はあまり好きでないため、この映画もダメでした。

ホラー好きな人にが観れば、また違う評価かもしれません。

採点
55点(娯楽度60点、感動度50点)

作品データ
製作 2006年 日本
監督 古澤健
出演 沢尻エリカ若槻千夏小栗旬、杉本彩、板尾創路、浅田美代子

鑑賞記録
2006年10月13日 梅田ブルク7にて

banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年02月12日 日本映画 トラックバック:1 コメント:0

ワールド・トレード・センター




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

今回は2006年10月に観たアメリカ映画ワールド・トレード・センター」のレビューです。

映画ワールド・トレード・センター」は、巨匠オリバー・ストーンが“9・11” を映画化しました。瓦礫の下から奇跡の生還を果たした警察官2名とその家族、彼らの救助活動にあたった人々など、数多くの証言から事件当日を忠実に映画化し、絶望の中で光り輝いた希望を描く感動のドラマです。

2001年9月11日、午前8時40分過ぎ、ニューヨークのシンボルともいえる2つのタワー、ワールド・トレード・センター北棟にアメリカン11便が、南棟にユナイテッド175便が激突しました。

港湾警察署のベテラン巡査部長ジョン・マクローリン(ニコラス・ケイジ)と署員のウィル・ヒメノ(マイケル・ペーニャ)らは現場に急行し、人命救助のためビル内部へと向かいます。

しかしその時、再び轟音が鳴り響き、ビル全体が崩壊を始めました。奇跡的に生き残った2人ですが、瓦礫の下敷きとなり身動きすら取れなくなっていました……。

撮影では、在りし日の世界貿易センターをロスに再現したそうですが、あまりのリアルさに、エキストラとして出演した証言者たちは涙を流したそうです。

まさに感動的な人間ドラマで、見ごたえあります。

採点
90点(迫真度90点、感動度90点)

作品データ
製作 2006年 アメリカ
監督 オリバー・ストーン
出演 ニコラス・ケイジマイケル・ペーニャ、マリア・ベロ、マギー・ギレンホール、スティーヴン・ドーフ、ジェイ・ヘルナンデス、フランク・ホエーリー

鑑賞記録
2006年10月12日 アポロシネマ8にて

banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年02月10日 洋画 トラックバック:1 コメント:2

魁!!男塾




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

今回は現在公開中の日本映画魁!!男塾」のレビューです。

映画魁!!男塾」は、宮下あきらの2600万部を越えるベストセラーコミックを、「VERSUS」の坂口拓の主演&初監督で映画化しました。男塾VS関東豪学連の死闘をノーCGで迫力満点に描いています。

武士道精神を継承し真の男を育てる私塾、男塾に、剣の達人・桃太郎(坂口拓)、ド根性男・富樫(照英)、野生児・虎丸(山田親太朗)、そして軟弱男の秀麻呂(尾上寛之)らが入塾してきました。

彼らは仲間たちとともに、常軌を逸したシゴキと懲罰に耐え、血と汗と涙の塾生生活を送ります。

そんなある日、男塾の乗っ取りをたくらみ、邪悪集団、関東豪学連が戦いを仕掛けてきます・・・。

この映画は、CGに頼らない、リアルアクションだけが見どころと言ってよいでしょう。迫力満点の決闘が繰り広げられます。

ストーリーはいかにも少年向けコミックという感じです。

ただ、尾上寛之はいい味を出していました。

採点
70点(娯楽度80点、感動度60点)

作品データ
製作 2007年 日本
監督 坂口拓
出演 坂口拓照英尾上寛之山田親太朗、田中哲司、榊英雄、菅田俊、麿赤兒、与座嘉秋、タケタリーノ山口、綾野剛

鑑賞記録
2007年2月7日 シネマート心斎橋にて
banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年02月09日 日本映画 トラックバック:1 コメント:0

東京少年




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

今回は現在公開中の日本映画東京少年」のレビューです。

映画東京少年」は、映画、テレビドラマに活躍を続ける堀北真希主演の異色ラブストーリーです。二重人格の少女に巻き起こる絶対に報われない恋を描きます。

幼い頃に両親を亡くし、祖母(草村礼子)に育てられた少女みなと(堀北真希)は、文通相手である同い年の男の子ナイトだけに、唯一心を許して本音を打ち明けられました。何でも彼に報告してきたみなとは、バイト先で出会った浪人生のシュウ(石田卓也)との恋愛も相談していました。

しかしシュウとの初デートの途中で、みなとは意識を失ってしまいます。彼女は以前から、時々記憶がなくなる原因不明の病にかかっていたのです。翌朝、彼女が目を覚ますと、シュウはよそよそしい態度に…。

堀北真希が、けなげな少女と猛々しい少年を見事に演じ分けます。テレビドラマ「花ざかりの君たちへ~イケメンパラダイス」での男性に扮した少女とはまた違った演技です。

シュウとナイトの対決を経て、ラストに至るストーリーは結構感動的です。

採点
82.5点(娯楽度80点、感動度85点)

作品データ
製作 2007年 日本
監督 平野俊一
出演 堀北真希石田卓也草村礼子平田満

鑑賞記録
2008年2月7日 シネマート心斎橋にて
banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年02月08日 日本映画 トラックバック:1 コメント:0

結婚しようよ




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

今回は現在公開中の日本映画結婚しようよ」のレビューです。

映画結婚しようよ」は、「夕凪の街 桜の国」の佐々部清監督が、大ファンである吉田拓郎の曲を、全編に合計20曲散りばめた心温まるホームドラマです。

香取卓(三宅裕司)は、不動産会社に勤める一見平凡なサラリーマンです。専業主婦の妻・幸子(真野響子)、大学生の長女・詩織(藤澤恵麻)、バンド活動に情熱をそそぐ次女・歌織(AYAKO)の一家4人で、卓の決めた「夕食は必ず全員揃って食べる」というルールを守って暮らしてきました。

ある日、卓は駅前のライブ広場で充(金井勇太)という青年と知り合い、彼を夕食に招きます。やがて詩織が充と恋に落ち、歌織はバンド活動が忙しくなるなど、娘たちの親離れが進んでいきます・・・。

全編に流れる拓郎ソングが心地いいです。
次女を演じたAYAKOの所属する「中ノ森BAND」、ストリートミュージシャンに扮した「ガガガSP」など、若手アーティストによる拓郎サウンドも魅力的です。
2006年秋、31年ぶりに行われ3万5000人のファンを集めたという「つま恋コンサート」のステージも劇中で再現されます。

親子の情愛、夫婦の情愛に心温まり、ホロリとします。
充(金井勇太)も飛び切りの好青年です。
卓の顧客夫婦の松方弘樹入江若葉、卓の昔の音楽仲間の岩城滉一・モト冬樹、充が修行する蕎麦屋の主人の田山涼成。みんな暖かい人ばかりです。

監督がR45と言っていて、確かに年配者向けの映画ですが、親子で観てもいいでしょう。

あまりにも毒が少なくて、ほんのりし過ぎという感じもあるので、少し採点が甘いかもしれません。でも、こういう映画もいいと思います。

採点
87.5点(娯楽度90点、感動度85点)

作品データ
製作 2007年 日本
監督 佐々部清
出演 三宅裕司真野響子藤澤恵麻AYAKO金井勇太田山涼成岩城滉一、モト冬樹、入江若葉松方弘樹

鑑賞記録
2008年2月6日 なんばパークスシネマにて



banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年02月07日 日本映画 トラックバック:1 コメント:0

ザ・センチネル 陰謀の星条旗




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

今回は2006年10月に観たアメリカ映画「ザ・センチネル 陰謀の星条旗」のレビューです。

映画「ザ・センチネル 陰謀の星条旗」は、緊密かつ強固な体制でアメリカ大統領警護の任務にあたるシークレットサービスに大統領暗殺計画の内通者がいる、という危機的な状況に挑む2人の男を描いたサスペンスアクションです。

ベテランのシークレットサービス・ピート・ギャリソン(マイケル・ダグラス)は、ファーストレディ・サラ(キム・ベイシンガー)の護衛の任務に就いていましたが、守るべき彼女と愛し合う関係となっていました。

そんな中、彼の同僚が自宅前で射殺され、ギャリソンのかつての部下、デヴィッド・ブレキンリッジ(キーファー・サザーランド)は事件の捜査を開始します。

しかし事件が解決せぬ内に、ギャリソンに接触してきたタレ込み屋から、大統領暗殺計画の存在と、それにシークレットサービスの高官が関わっているという情報がもたらされ…。

大統領の暗殺を狙う正体不明の存在とそれを助ける内通者という2つの敵、さらに事件の謎を追うベテランエージェントと彼を第一容疑者として追う調査官という2人の追跡者、この二重構造が作品の緊迫感に深みを与えています。

ただ、私は体調が悪くて前半部分で居眠りをしてしまったため、登場人物がよくわからないまま観てしまいました。

残念ながら採点放棄です。

作品データ
製作 2006年 アメリカ
監督 クラーク・ジョンソン
出演 マイケル・ダグラスキーファー・サザーランド、エヴァ・ロンゴリア、キム・ベイシンガー、マーティン・ドノヴァン、ブレア・ブラウン、デビッド・ラッシュ、ライナー・ショーン、ポール・カルデロン

鑑賞記録
2006年10月10日 敷島シネポップ1・2・3にて



banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年02月06日 洋画 トラックバック:1 コメント:0

人のセックスを笑うな



映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

今回は現在公開中の日本映画人のセックスを笑うな」のレビューです。

映画人のセックスを笑うな」は、山崎ナオコーラの同名小説を「犬猫」の井口奈己監督が映画化した恋愛映画です。永作博美松山ケンイチ蒼井優忍成修吾ら注目俳優の共演で、人妻と青年の不倫の恋、彼に片思いする少女、その少女に片思いの青年が描かれていきます。

美術学校に通う19歳の磯貝みるめ(松山ケンイチ)は、20歳年上のリトグラフの新任講師ユリ(永作博美)に絵のモデルを頼まれ、アトリエで、されるがままに服を脱がされ、関係を持ってしまいます。

以来、みるめはユリにメロメロになります。しかし、ユリの姿が見えない日、みるめは彼女の自宅を訪ねたところ、そこにはユリの夫(あがた森魚)がいて、ゆりからそのことをさらりと告げられ愕然とします。

突然現れた年上の女に振り回されて一喜一憂するみるめを、同級生のえんちゃん(蒼井優)は複雑な思いで見つめていました。そんなえんちゃんを同級生の堂本(忍成修吾)が見守りますが・・・。

この映画は配役で救われた映画だと思います。

松山ケンイチが、年上の女に振り回されメロメロになる青年を、見事に表現しています。ケイタイを針金で縛って、話をしたら会いたくなるからというくだりなど秀逸です。

永作博美が、奔放になんの後ろめたさも持たず青年を誘惑する人妻を、これも見事に演じています。

そして松山ケンイチに片思いの蒼井優、その彼女に片思いの忍成修吾もそれぞれに味のある演技です

ただし、私は井口奈己監督の演出はあまり評価しません。
あまり意味のないシーンがあったりして、全体として「間伸び」感があります。137分の上映時間は長すぎます。黄色い風船の意味も不明です。
かと思うと、メッセージを字で表現したりしているラストも気にいりません。

ただ甘いだけではなく、きっちりと苦い恋愛の不条理が描かれているということですが、私は、男の立場として、ラストでは、みるめがユリから卒業する方向を示してほしかったと思っています。

採点
75点(娯楽度80点、感動度70点)

作品データ
製作 2007年 日本
監督 井口奈己
出演 永作博美松山ケンイチ蒼井優忍成修吾あがた森魚、温水洋一、桂春團治、市川実和子、藤田陽子

鑑賞記録
2008年2月4日 テアトル梅田にて
banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年02月05日 日本映画 トラックバック:2 コメント:0

ストロベリーショートケイクス




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

今回は2006年10月に観た日本映画ストロベリーショートケイクス」のレビューです。

映画ストロベリーショートケイクス」は、人気漫画家・魚喃キリコの「strawberry shortcakes」を「三月のライオン」の矢崎仁志監督が映画化しました。現代の都会で人に言えない悩みを抱えて生きる若い4人の女性がそれぞれの幸せを追い求める姿を描いています。R15指定です。

フリーターの里子(池脇千鶴)は大失恋を経験しても素敵な恋に憧れています。彼女がバイトで電話番をしている風俗店のデリヘル嬢、秋代(中村優子)は親友の男性・菊地(安藤政信)に密かな恋心を抱き続けています。

一方、イラストレーターの塔子(岩瀬塔子)は過食症でプライドが高く、ルームメイトのOL、ちひろ(中越典子)が恋人永井(加瀬亮)に媚びへつらっているのを嫌悪しています。

4人の女性たちの最低最悪な日々が包みこまれるように描かれ、痛みの先に新しい自分を発見する・・・そんな感動が描かれています。

女性視点の女性が観る映画だと思います。

採点
80点(娯楽性80点、感動性80点)

作品データ
製作年 2006年 日本
監督 矢崎仁司
出演 池脇千鶴中越典子中村優子岩瀬塔子加瀬亮安藤政信、村杉蝉之介

鑑賞記録
2006年10月4日 梅田ガーデンシネマにて
banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年02月04日 日本映画 トラックバック:1 コメント:0

涙そうそう




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

今回は2006年10月に観た日本映画涙そうそう」のレビューです。

映画涙そうそう」は、森山良子が亡き兄への思いを込めて詞を書いた名曲「涙そうそう」をモチーフに、「いま、会いにゆきます」の土井裕泰監督がメガホンをとり、今や日本映画界に欠かすことのできない俳優となった、妻夫木聡長澤まさみが初共演し、沖縄で肩を寄せ合って生きる血のつながらない兄妹の愛を描いた感動作です。

2001年の沖縄が舞台です。洋太郎(妻夫木聡)は、いつか自分の店を出したいと夢を抱いて那覇の市場や居酒屋で朝から晩まで元気いっぱい働いています。そんな彼にとって自分の夢より何よりも優先すべきは大切な妹・カオル(長澤まさみ)の幸せでした。

カオルは、洋太郎が8歳の頃、母・光江(小泉今日子)の再婚によって洋太郎の妹になりましたが、義父は姿を消し、母は幼い兄妹を残して亡くなります。以来洋太郎は「カオルはひとりぼっち、どんなことがあっても守ってあげるのよ」との母の遺言を胸に生きてきました。

その妹が高校進学を機にオバァ(平良とみ)と暮らす島を離れ、洋太郎と一緒に暮らすことになります。お互いの大人っぽくなった姿に戸惑いながら、血のつながっていない兄妹の初々しい共同生活が始まります。ある日、洋太郎は念願の飲食店を始めるチャンスを掴むのですが…。

頼れる“兄ィニィ”と、その兄を心の底から慕う妹を、高感度の高い妻夫木聡長澤まさみの二人が好演しています。

全体として良く出来た、いい映画です。

ただ、妻夫木聡クンのイメージと、結末のストーリーとが、どうもマッチしない感じもしました。

採点
87.5点(娯楽度90点、感動度85点)

作品データ
製作 2006年 日本
監督 土井裕泰
出演 妻夫木聡長澤まさみ、麻生久美子、塚本高史、中村達也、平良とみ、森下愛子、大森南朋、船越英一郎、橋爪功、小泉今日子

鑑賞記録
2006年10月3日 ナビオTOHOプレックスにて

banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年02月03日 日本映画 トラックバック:1 コメント:0

夜のピクニック



映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

少し以前に観た映画も紹介していきます。

今回は2006年10月に観た日本映画夜のピクニック」のレビューです。

映画夜のピクニック」は、第2回本屋大賞に輝いた恩田陸のベストセラーを長澤雅彦監督が映画化しました。恩田氏の母校、名門水戸第一高校で戦前から行われている伝統行事である「歩行祭」を題材にした青春映画です。

歩行祭」は、1000人の生徒が一緒に、24時間夜を徹して80キロを歩く伝統の行事です。今回で最後の歩行祭となる甲田貴子(多部未華子)は、密かな想いを抱いて参加しました。

それは、一度も話したことのないクラスメイト、西脇融(石田卓也)に話しかけるということです。

そんな簡単なことがなぜ出来ないのか?ふたりには親友にも言えない、特別な秘密がありました。

今年で最後だから、特別な日だから、賭けにでるのは今日しかありません。そして、最後の歩行祭が始まり…。

融の親友役に郭智博、貴子の親友役に西原亜希、転校した貴子の親友役に加藤ローサ、その弟に池松壮亮、ふたりのクラスメイトに貫地谷しほり松田まどか柄本佑といった若手俳優が出演しています。

今風というよりは、どちらかというと古風な感じの、爽やかさを感じる青春映画です。

採点
85点(娯楽度85点、感動度85点)

作品データ
製作 2006年 日本
監督 長澤雅彦
出演 多部未華子石田卓也郭智博西原亜希貫地谷しほり松田まどか柄本佑加藤ローサ池松壮亮、近野成美、嶋田久作、田山涼成、南果歩、高部あい

鑑賞記録
2006年10月2日 アポロシネマ8にて

banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年02月02日 日本映画 トラックバック:1 コメント:0

子猫の涙




映画dvdレビューです。映画好きの私が観た映画dvdレビューです。

今回は現在公開中の日本映画子猫の涙」のレビューです。

映画子猫の涙」は、伝説のボクサー、森岡栄治の生涯を、彼の甥の森岡利行監督が映画化した感動ドラマです。栄治の波乱の人生を娘の視点で描いています。ボクシングで身体を鍛えているという武田真治が、森岡栄治を見事に演じ、迫真の試合シーンがみどころです。

メキシコ・オリンピックのボクシング銅メダリスト・森岡栄治(武田真治)は、鳴り物入りでプロ入りしましたが、網膜はく離によって、11戦7勝4敗の戦績で、1975年に引退します。

その後、定職につかず、夜の世界で遊びまくっていましたが、ヤクザの親分が世話をしてくれたボクシング・ジムの会長を務めることになります。

しかしだらしない性格はそのままで、嫌気がさした妻・和江(紺野まひる)は、森岡と娘の治子(藤本七海)と弟を残して家出をします。やがて、森岡の愛人になったホステスの裕子(広末涼子)が家にやってきますが…。

ボクシングを趣味とする武田真治が素晴らしい肉体美を見せるとともに、後半のダメ親父ながらも自分なりの生き方を貫く役を見事に演じています。

娘の藤本七海、愛人の広末涼子、妻の紺野まひる、兄の山崎邦正も好演です。

特に藤本七海が語り部役をすることによって、本来なら笑えないようなエピソードも、明るく優しい気持ちで楽しみながら観ることができました。

人生や家族について考えさせられる「名言」もあります。

採点
85点(娯楽度85点、感動度85点)

作品データ
製作 2007年 日本
監督 森岡利行
出演 武田真治藤本七海広末涼子紺野まひる山崎邦正、鈴木砂羽、喜味こいし、唐渡亮、黒川芽以、宝生舞、赤井英和

鑑賞記録
2008年1月31日 梅田ガーデンシネマにて


banner2.gif
人気blogランキングへ

2008年02月01日 日本映画 トラックバック:1 コメント:0

| 映画dvdレビュー~私の観た映画dvdのレビューTOP |

| このページの上へ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。